Hammyの音楽教室日記帳

家族でできる音楽療法や、お子さんの音楽教育に役に立ちそうなことをお伝えします。

小さな子をピアノ大好きにする方法とは?

うちの子、何歳から、ピアノを習わせようかしら??

と、どこのご家庭でも、一度は悩まれるようですね。

 

そのくらい、ピアノのレッスンは、ポピュラーになっていますが、

意外と小さな子に対してのレッスンは、

むづかしいようです。

 

小さな子のレッスンをするときは、遊びの延長で、やっていきます。

始めたばかりの時は、リズムまねっこや、

手遊びや、打楽器遊び、動物かるた音遊びで、

音楽に慣れさせます。

 

先生が、音符の上に、音階を書いておいて、

こどもが自分で、音符に色を塗ります。

 

ドはどんぐり色(茶色)レはレモン色、

ミはミカン色、ファは、ピンクの風船色、

ソはそら色、ラはラムネ色(黄緑)

シは赤色(しゅいろ)ってな感じです。

高い音には,上に屋根を付けます。

低い音には、下にお盆を付けます。

これで3オクターブは、大丈夫(^^♪

そのうちに、音を書かなくても、読めるようになります。

 

リズムは、動物カードで覚えます。

わん、ちゅちゅ、も~~う、がおう、ぞうさん、ぱっかぱっか  など。

いろんな擬音を使って、リズムを口ずさみます。

 

だんだんつないで、長くしていったり、

打楽器を使って、リズムを奏でたり。

ほかの子も交えて、カルタ取りしたり。

 

 

大きくなっても、リズムが読めない、

音符が読めない  と いう子どもが  たくさんいますが、

小さなころの遊びの中で覚えると

自然に身について、音楽が大好きになります。

 

音の動物カードでは、

ドはどんぐり

レはレモン

ミはみかん

ファはファイト

ソはソフトクリーム

ラはライオン

シはしかさん

といった絵音符カードを使います。

 

これも、ピアノで弾いた音で、カルタ取りをします。

 

ピアノでドの音を出しながら

「どんぐりのド!!」とかって叫ぶと、

大急ぎでカードを取ります、

そのうちに、ピアノを弾いただけで、 カルタがとれるようになります。

絶対音感ですね。

 

そして、だんだん、裏面の、音符に移行していきます。

でも、色音符で、やっていくほうが、うんとたのしく早く覚えるようです。

 

弾く方の訓練は、小さな手では、ピアノの鍵盤は、重すぎるので、

鍵盤の柔らかいエレクトーンでドリルをします。

 

「チョコレート食べたいな」のドリルは、

ドレミファソファミレド、レミファソラソファミレ~~とあがります。。

 

左で同じことをすると、、「アイスクリーム食べたいな」のドリル。

これを両手でやると、、「チョコアイス食べたいな」のドリル。

うさぎ跳びでスタッカートでひいたり、

ぞうさん歩きで、強くアクセントでひいたり。

 

指の番号は、「指の体操」の歌があります。

「ゆびのたいそう、ぐーぱーぐーぱー、いちのお指でとんとんとん」

 と、親指から、順番に、1から5の指へと、歌います。

そのあとは、バラバラに指示したり

ママと、指を合わせてたたき合ったり、

指の番号は、むづかしい曲になるほど、大切になってきますから、

小さい時から、しっかりと覚えることが大事ですね。

 

曲ははじめは、片手の五本の指で弾ける曲にします。

カエルの歌とか、ちょうちょとか、みんなが知っている曲です。

そして、一回弾くごとに、楽譜の楽しい絵の中に、

いろんなシールを張ります。

 

かえるのうただったら、木の葉っぱのシール、

ちょうちょだったら、お花のシール、

などなど、シールも、いつもたくさん用意しておきます。

いつの間にか、楽譜は、シールでいっぱいになります。

 よかったら、おうちで、お試しくださいな。

 

左手の導入も大切です。

右手である程度弾けるようになったら、

左でも、同じ曲を弾きます。

 

それもできたら、今度は両手で、弾いてみます。

 

音楽は、楽しいと思わせると、どんどん、自分から弾くようになります。

練習しなさい!!練習しないと、レッスン恥ずかしいよ~~

なんて、決して言わないでくださいね(笑)

 

練習してないときは、レッスンに来ると、わからないところを教えるので、

練習がしやすくなります。

進みも早くなります。

練習してないのに、レッスンはもったいないから~

と思わないで、

レッスンに来れば、必ず、進歩はするものと、思ってくださいね。

 

練習してくれない~というときは、

ぜひレッスンにきて、そのことを先生に伝えてくださいね。

 

先生も、なにか工夫した考えてくれると思います。

小さな子たちが、音楽を大好きになって、自分も楽しみながら、

誰かのお役に立ってくれることが、私の一番の願いです。

 

 

 

ドラムサークルという音楽で、世界中の人となかよくなれるのはどうして?

ドラムサークルということばは、

最近、あちこちで聞かれている方も多いかと思います。

検索してみると

「ドラムサークルというのは、

世界の打楽器を使った即興演奏。 ...

打楽器はほとんどの文化において

最初に作られた楽器である。

人類は古今東西で集まり、

輪になって打楽器その他の楽器の

演奏、歌、踊り等を行ってきた。」

とあります。

 

実際には、音楽療法の一つと考えられます。

日本では、組織があって、登録制で、

様々な勉強会や、仲間同士の切磋琢磨、

協力体制もしっかりしているし、

日本全国に、何百人のファシリテーターが存在し

積極的な活動を繰り広げています。

 

ドラムサークルの形態は、

少数~何百人が、円になり、

太鼓や打楽器を中心とした即興演奏をします。

 

その中で、みんなが自由にたたくのに載せて、

その空間をみんなで共有しながら、好きなリズムや、好きな楽器を奏でたりします。

その、自由なグルーブが、とぎれそうになったりすると。

ファシリテーターによって、共同体になったり、

自分の世界に入ったり、

人と空間を共有したり、

心のままにリズムを奏でたり

自分自身を音楽で表現したり、、

一人一人の個性を出したり、

それは、様々な、表現や時空間が生まれます。

 

そして、その影響は、心の開放、

リズムによる身体への良い影響、

一体感、自己の存在感、人を認める力などが、

大きなグルーブやうねりになって、

音楽の極致ともいえる環境が生まれます。

 

世界的には、REMO社という、

打楽器メーカーが中心となって、

世界中に発信し、世界の人々が、ドラムサークルを通して、

一つになっていきます。

 

日本にもすばらしい活動をしている人がたくさんいます。

大きな組織となり、資格テストにまでなっています。

 

でも、LAのREMOミュージックセンターでは

なんの利益も欲しない、

なんの差別もない、

完全に皆が平等で、

一体化できるものがありました。

世界中の人は、

だれもが音楽で仲良くなれると思います。

 

世界が、戦争から解き放たれて、

銃を楽器に変えて、

ひとつになれたら、どんなにいいでしょう。

去年、ドラムサークルの父、REMOさんが亡くなりました。

「REMOパパ」と呼んでいましたが、とても残念です。

でも、その意思は、たくさんの人に引き継がれ、

これからの世界平和に、貢献できる世の中がくるこをと願って、

私も努力していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

音楽療法をするとき、楽しいなあ~~と思いながらいつの間にか効果が!

音楽療法士の資格を取って、15年になりますが、

それより15年ほど前から、

音楽健康の会として、たくさんの施設に行っていました。

ほとんどボランティアで、有償でも、仲間の口座に入れて、

必要な楽器を買い足したり、

 

音楽療法士を学ぶ機関ができ、

正式に、音楽療法士の資格を取ったら、

音楽療法のお仕事がくるようになりました。

伺う施設は、いろいろなところがあります。

対象者も、様々です。

 

福祉作業所では、ミュージックベルをみんなで奏でることによって

一体感や、多くの人の前で発表する楽しさや、

合間に取り入れる、ゲームや、歌などを楽しみました。

 

毎年、福祉作業所のみなさんが、音楽教室の生徒さんたちといっしょに、

福祉大会の大きなステージに立つことは、

生徒たちも、福祉について。知ることができました。

 

高齢者施設では、

ほとんど会話も成り立たない方々が多く、

それでも、楽器を持ち、手や足や、指の体操や、頭の体操や、

様々なプログラムをこなしていらっしゃいました。

ほとんど寝ている状態の方が多いのですが、

自分の体を動かそう

大きな声で歌おう

楽器を使って、手足を動かそう

とする、高齢者の方がを見ていると、

自分たちもいつかこうなるかもしれない。

でも、少しでも動けるところを動かし、

誰かの役に立ちたいと思ったものです。

 

高齢者の方々も、自分たちがされるばかりでなく、

誰かの役に立つことが、うれしいのかもしれませんね。

 

また、歌の会では、月に二回、30名ほどの在宅高齢者が集まり、

世話人さんが用意してくださる、歌詞カードに沿って、

片っ端から歌を歌いました。

そこでは、300曲ぐらいの歌詞カードが作られ、

行くたびに出される30曲ぐらいの、歌詞だけのものに、

曲をつけて、ピアノで弾きましたが、

知らない曲も、たまたまあって、困ったこともありました。

、たいていは知っていて、

「ああ~~私も、こんな古い曲を知っているなんて、

そろそろこのお仲間かしら」

なんて思ったものです。

でも、歌っているときのみなさんの顔は、それは生き生きとしていました。

そこに、民族楽器などを持っていただくと、

話題が広がり、世界の国への思いをはせて、

楽しい時間が、持てたものです。

今は、自宅で、近所の高齢者の方々に声をかけて、

歌の会を再開したいと思っています。

音楽療法は、目的を決めて、そこへ向けて、

どんな働きかけをするか、と言うことも大切ですが、

施設に入れない、一人暮らしのお年寄りに、

行くところを提供して、コミュニケーションを図るのも

大切なことではないかと、思っているこのごろです。

 

こどもたちの安全を守るために、必要なことは?

 

最近子供たちが、事件に巻き込まれたり、

いろんな危険にさらされたり、

とても心配されているおうちの方々も多いと思います。

 

私たちは、少年ボランティアで、子供たちに、注意を呼びかけていますが、

少しでも、皆様の参考になればと思うので、

活動をご紹介いたします。

 

最近、小学生が連れ去られたり、悲しい事件が起きましたね。

子供たちは、実は、いろんな危険にさらされています。

 

たとえば、知らない人に道を聞かれて、

そこまで案内してと頼まれたり。

その子は、近くの家に飛び込んで、

「ここ、ぼくにうちだから、いけません」と断ったそうな。

 

一人で歩いていたら、横に車が止まって、

「お父さんの知り合いだけど、

お母さんが、事故にあったから、

すぐ、君を連れてきてと頼まれた」

なんてこともありました。

 

いろんな危険が、子供たちの周りにあります。

 

ボランティア活動の中では、

五つの約束というのを、ご紹介しています。

 

それは、次の5つです。

1  ひとりにならない  学校の帰りや、遊んでいるときに、一人にならない

2ついていかない     案内してと言われても、決してついていかない

3おおごえをだす      あぶないと感じたら、大声を出して、助けを求める。

4ちかづかない        相手が、一歩前に出てきたら、自分は一歩下がって距離を置く、

5はなしをする         どんなことがあったか、おうちの人や、周りの大人に話す。

 

防犯ブザーも、ほとんどの学校で、配布しています。

110番の家というのお、旗が立っていて、

いつでも、子供たちが飛び込めま。

 

とにかく、子供たちの安全を守るのは、大人の役目です。

 

ボランティアの寸劇で、

効果音を出すのが、私の仕事ですが、

少しでも、子供たちが、危険を避けることを、学んでくれたらと

心から願っています。

お題スロットより「演奏できる楽器は?」

[http://blog.hatena.ne.jp/-/odai/6653812171396758604:title=お題「演奏できる楽器」

音楽教室を長年やっていると、楽器がたまってくるものです。

 

家にあるのは、グランドピアノ、

アップライトピアノ、電子ピアノ、

エレクトーン、などが、レッスン機材です。

まあ、長年やってきたので、

鍵盤系は、何とか演奏できます。

 

でも、テレビに出るよう素晴らしい演奏家ではありません。

 

ただ、即興演奏が好きです。

楽譜の通りに弾くことは、練習がきらいなので、あまりやりませんが、 

懐かしい歌の会などなら、延々と弾くことはできますww

 

その他の楽器も、たくさんあります。

多いのが民族楽器で、ジェンベという太鼓は、40個くらい。

REMO社の「木を切らない、

動物を殺さない」というコンセプトの太鼓たちが40個、

サウンドシェイプという、薄型の太鼓が60枚、

カシシというアフリカ系の小物楽器も50個。

その他、名前も奏法も知らない楽器が、いっぱ~~~い。

400人はいけるでしょうか。

二胡も、数台あるけど、音が出るまでがむづかしい。

ギターも数台、ウクレレ、ぎタレレ、一五一会

それに和琴も二台。まだ、訳のわからない楽器が、わんさとありますが、何でも音のするものを使っています。

ミュージックベル、13セット。

ピアニカ5台。。まだあるかな。

できないものも多いですね。

 

特に中国や、東南アジアなどのものは、むづかしい。

でも、このコレクションを使って、ドラムサークルをすると、みんなが喜びます。

持ち運ぶと痛むので、ついに一軒家を借りてしまいました。

 

皆が集まって、音楽で一つになれる日がくるといいなあと思います。

 

 

 

 

 

お題スロットで出ちゃった、もう一度行きたい場所は、「ロサンゼルス」

お題「もう一度行きたい場所」

はてなの「お題スロット」で出ちゃった

「もう一度行きたい場所」

 

それは、何といっても

「ロサンゼルス」です。 

LAには、娘が小学生の時に、

二人で旅行したことがあったのだけど

それから何年もして、通うことになるとは

思ってもみませんでした。

 

音楽関係の会社から進められて

受けたセミナー、それはドラムサークルといい、

それは音楽療法の一つでした。

 

ドラムサークルの本拠地がLAにあることを知って、

すごく、行ってみたくなったのです。

 

2005年当時は、LAから来た、

クリスティーン・スティーブン女史に、師事していました。

が、LAにREMOという本拠地があると知り、

LAで運転手や通訳をしてくれる人を探しました。

その時に、運転や通訳を引き受けてくれたのが、

KIk氏でした。

 

Kikは、運転手と通訳、ドラムサークルの撮影、

そして、LAの案内、ホテルの送迎、

すべてをやってくれました。

 

飛行機会社のオーナーで、

国際貨物、チャーター機、航空機販売、

観光飛行、航空学校、などの会社経営者で、

自らも、30000時間の飛行時間を持つ、

パイロットでありながら、時間を持て余していました。

 

私は一年に3回くらいLAに行き、

毎回10日ほどの間に5;6回、

REMOミュージックセンターに通いました。

19回LAに行ったので、REMOには、50回くらいでしょうか。

 

平日は、ハリウッドのミュージシャンが、

ジェンベやカホンなどのレッスンをしたり、

コンサートが開かれたり、

ドラムサークルも、週に数回あり、

たくさんの人々が集まってきました。

 

それはたくさんの学ぶ機会がありました。

Kikが撮影してくれたビデオだけでも

数百本はあるでしょう。

 

REMORMCというのは、

REMOミュージックセンターのことで

REMOさんという方が、

世界一の打楽器メーカーを作りあげ、

世界中の人が、リズムで一つになる

システムのドラムサークルを編み出し、

世界中の子どもたちや、

障害のある子どもたちに、

奨学金を出したりしていました。

  仲間で助け合い、協力し合い、

 

学びあうDCFAという機関ができて、

会員組織になっていったので、

私はちょっ異質の立場になりました。

 

アメリカでは、そういったものはなく、

どこでもだれでもできたのです。

 

REMOさんをパパと呼び、

かわいがっていただいたおかげで、

ドラムサークルへの揺るがない愛着が生まれ、

世界中に友達ができました。

この御恩は、ドラムサークルでしか

返せないと思っています。

 

REMOさんは、残念なことに、去年なくなりましたが。

その意思は、世界中に受け継がれています。

 

そして、私も世界中のドラムサークル仲間を、

心から応援していきます。

音楽は、世界共通のことばであり、

どこの国の人も、ドラムサークルやってますというと、

すぐ友達になり、大歓迎してくれます。

 

 音楽を携えて、世界の仲間に会いに行きたいものです。

 

 

 

家飲みの話、教えて!とあったので(*^^*)

今週のお題「家飲み」

Hatenaの今週のお題に、「家飲みの話、教えて」とあったんですが。

 

家飲みってみなさんは、しないんでしょうか?

 

外でお仕事している方は、

帰りに、どこかでいっぱい飲んで帰る。。。なんてことも多そうですね。

 

電車の中とかで、ぐっすり寝ているお父さんとか、

大丈夫かなあ。。って思っちゃいますよね。

 

うちの辺りは、田舎なので、電車通勤とかはないんです。

だから、いったん家に戻って、

家でいっぱいやって、

それから、外に出かけるとか、

車を家においといて、

いっぱいのみに出かけるとか。

 

でも、家飲みも多いですよ。

だってお仕事終えて、ほっと一息。

 

わざわざ外へ出かけるよりも、

好きなテレビ番組を見ながら、

チョビチョビとやってる方が、楽ちんですもの。

 

それでも、けっこう、小さな居酒屋が多くて、

なじみのお客さんが、ひょいと入ってくる。。なんて

田舎ではならの よいところもありますね。

 

たぶん、普段は、外へ出かけるのは、2割、

家のみは8割というところかなあ~

 

家で飲むときは、たいていは、

お父さんは、自分で冷蔵庫からビールを出して

夕飯の残りをつまみに、ちびちびと、テレビを見ながら。。。

というのが多いんでしょうね。

 

うちは、かって、私がおつまみつくりが大好きだったから

というのも、お酒が大好きだったからww

毎晩のように、夫の友達が遊びにやってきました。

 

冷蔵庫の中の、どんな余り物も、

おいしいおつまみに変化させて出すのが、得意だったので、

毎週、火曜日の男とか、金曜日の男とか

勝手に決めて、だれかが来ていましたね。

 

いつもの材料でも、作り手が違うと、

味が違うし、顔も違うし、飲み屋さんより安いしww

 

けっこう、毎週、皆さんが来ていたように思います。

 

もちろん、私も飲みましたよ(*^-^*)